2016年の上期に売られたファンド、買われたファンド 

2016年8月6日のマーケット・アナライズplus+で、イデア・ファンド・コンサルティング代表取締役の吉井崇裕さんが、下記の内容について話されてました。

●ファンドの解約ランキング ワースト10
ポイントは、J-REITの利益確定売りと、今まで高分配だった新興国や資源関連のファンド、それと、マイナス金利導入で日本債券のファンドが売られていた。

ニッセイJ-REITファンドと、J-REITリサーチオープンは、2014年に日銀が追加緩和をして、急騰したが、その後のパフォーマンスは、ずっと落ちている。それが、マイナス金利が導入になって戻ったところなので、1年の騰落率で、ちょっとプラスに転じたところで、流失がはじまたそうです。確定売りよりは、やれやれ売りとの事。

ピクテ新興国インカム株式ファンド、ドイチェ高配当インフラ米ドル(野村)、日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファオンド毎月分配型(トルコリラコース)、アムンディ・欧州ハイ・イールド債券(トルコリラコース)、アジア・オセアニア好配当成長株オープンは、新興国又は原油関連は、資産残高が半分くらいになってしまい、数年前までは、高分配で、90円以上の分配金があったが、ここ数年は、新興国や資源関連は、悪かったので、分配金が引き下げられてしまって、資金の流失が止まらない状況の様です。

1位 ニッセイJ-REITファンド:1月から6月の純設定合計額 ー545億円、6ヶ月騰落率 5.67%、1年騰落率 3.95%

2位 ピクテ新興国インカム株式ファンド:1月から6月の純設定合計額 ー529億円、6ヶ月騰落率 -11.01%、1年騰落率 -29.54%

3位 ダイワ日本国債ファンド:1月から6月の純設定合計額 ー525億円、6ヶ月騰落率 3.52%、1年騰落率 4.89%

4位 ドイチェ高配当インフラ米ドル(野村):1月から6月の純設定合計額 ー519億円、6ヶ月騰落率 -4.93%、1年騰落率 -14.42%

5位 J-REITリサーチオープン(三井住友TA):1月から6月の純設定合計額 ー473億円、6ヶ月騰落率 6.66%、1年騰落率 2.36%

6位 グローバル・ソブリン・オープン(三菱U国際):1月から6月の純設定合計額 ー413億円、6ヶ月騰落率 -7.53%、1年騰落率 -9.52%

7位 日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファオンド毎月分配型(トルコリラコース):1月から6月の純設定合計額 ー391億円、6ヶ月騰落率 -1.85%、1年騰落率 -11.75%

8位 アムンディ・欧州ハイ・イールド債券(トルコリラコース):1月から6月の純設定合計額 ー310億円、6ヶ月騰落率 -8.83%、1年騰落率 -13.82%

9位 ジャパン・ソブリン・オープン(三菱U国際):1月から6月の純設定合計額 ー310億円、6ヶ月騰落率 1.85%、1年騰落率 2.46%

10位 アジア・オセアニア好配当成長株オープン:1月から6月の純設定合計額 ー299億円、6ヶ月騰落率 -14.06%、1年騰落率 -27%

●ファンドの資金流入ランキング ベスト10
10本中6本が海外のリートで、フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)は、分配金が他のファンドに比べて高いので、資金が流入しているが、半年間のパフォーマンスを見ると、あまり良くない。為替ヘッジがないので、円高の影響を直接受けてしまっている。

下記の6本のリート関連のファンドは、基準価格に対して、およそ年間25%の分配金を吐き出しているが、リターンが出ていない中で、分配金を吐き出しているので、基準価格が下がっている。その為、今後分配金が下げられる可能性もあり、資金が流失する可能性もある。

また、ロボットなどの新しいテクノロジーに資金が集まっているが、今年の前半の日本の株式市場があまり良くないので、パフォーマンスはあまり良くない。

1位 フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし):1月から6月の純設定合計額 4,466億円、6ヶ月騰落率 -5.52%、1年騰落率 4.11%

2位 新光US-REITオープン:1月から6月の純設定合計額 3,498億円、6ヶ月騰落率 -6.89%、1年騰落率 0.75%

3位 ラ・サール・グローバルREITファンド:1月から6月の純設定合計額 2,061億円、6ヶ月騰落率 -9.27%、1年騰落率 4.88%

4位 ダイワ・US-REIT・オープンBコース(為替ヘッジなし):1月から6月の純設定合計額 1,198億円、6ヶ月騰落率 -7.75%、1年騰落率 1.99%

5位 ワールド・リート・・オープン(三菱U国際):1月から6月の純設定合計額 1,144億円、6ヶ月騰落率 -7.08%、1年騰落率 -4.19%

6位 グローバル・ロボティクス株式ファンド(日興):1月から6月の純設定合計額 1,004億円、6ヶ月騰落率 -12.74%

7位 ゴールドマン・サックス米国REITファンドBコース(為替ヘッジなし):1月から6月の純設定合計額 914億円、6ヶ月騰落率 -3.69%、1年騰落率 0.6%

8位 未来変革日本株ファンド(DIAM):1月から6月の純設定合計額 859億円

9位 東京海上・円資産バランスファンド:1月から6月の純設定合計額 854億円、6ヶ月騰落率 3.49%、1年騰落率 4.38%

10位 ロボット・テクノロジー関連株ファオンド(大和):1月から6月の純設定合計額 707億円、6ヶ月騰落率 -14.11%

マーケット・アナライズplus+ | 情報・ドキュメンタリー | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)
マーケット・アナライズ plus+ | facebook
人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)