VR(仮想空間)で為替取引できる新スマホアプリ ワールドビジネスサテライト

2017年1月30日の「ワールドビジネスサテライト」で、「VRで為替取引できる新サービス」の話題がありました。 

GMOクリック証券は、VR(仮想空間)で個人が為替取引できるスマホアプリを、2017年1月31日から開始します。

新サービスは、スマホアプリ「VRトレード」で、市販のVRゴーグルに、スマホをさし込んで、装着すると、目の前に仮想空間が表れ、為替の値やチャートを見ることができます。

画面の切り替えなどの操作は、目線の動きで行います。最大の特徴は、売買注文ができる機能で、通貨ベアーを目で選択して、そして、下を向くと、取引画面が出てきて、取引することが可能で、注文は、売り買いの画面を選んで、3秒見つめると成立する仕組みです。

仮想空間で売買注文できるアプリは、金融業界では、初めてで、アプリ価格は無料ですが、取引には専用口座が必要です。

FX VR Trade

VRゴーグル スマホ VRヘッドセット VR46 VRメガネ 3D映像効果 バーチャル リアリティ Gear VR iPhone スマートフォン iPhone6s・iPhone6s Plus・5.5インチ 大型スマホ対応【送料無料】

GMOクリック証券



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)