株価が急落した銘柄と、底練りした銘柄のどちらを選ぶべきか 日経モーニングプラス

2018年9月18日の日経モーニングプラスで、楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジストの窪田 真之さんが、下記の内容について話されていました。 株価が急落してから日数が経っていない銘柄の場合は、高値で買ってしまった人は、買ってしまった後、株価が急落してしまったので、「戻ったら売りたい」と思っている場合が多い状態となります。その為、戻り売りの圧力が非常に高いので、急落した銘柄のチャートからは、今後... 続きを読む

テクニカル指標から見る日経平均株価が上昇する条件:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年11月27日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 5日平均のサイクルで見ると、日経平均株価の終値が5日移動平均線を超えて、その5日移動平均線が上向きになっている期間は、6月以降では、下記の5回だけだそうです。 つまり、日経平均株価は、終値が5日移動平均線を超えられない事が多く、日経平均株価が上昇するのは、平均で10日間位しか... 続きを読む

1年移動平均線と、PBR1.18倍で底値を確認できる?:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年10月23日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 底値確認のシグナルとしては、1年移動平均線と、PBR1.18倍が岩盤だったそうですが、10月23日の前場の終値がPBR1.18倍で、株価は、1年移動平均線を完全に下回ってきた様で、この岩盤が崩れてしまう可能性がある様です。 1年移動平均線が22,506円で、1株当たりの純資産... 続きを読む

日経平均株価は、8月13日から24日までに大底? GOGOJUNGLE マーケット・ストラテジー

2018年8月10日のGOGOJUNGLE マーケット・ストラテジーで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 8月13日の終値は、3ヶ月(60日)移動平均線及び200日移動平均線を下回っていて、今までは、200日移動平均線を下回っても、1日又は2日で戻っていて、200日移動平均線は、上昇中だったので問題なかったそうですが、このまま、2万2,300円レベルで、8... 続きを読む

1ヶ月サイクルでは、株価は上昇相場 :マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年7月31日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 7月31日には、20日移動平均線と、200日移動平均線が、ゴールデンクロスするそうですが、このゴールデンクロスは、あまり意味が無いそうで、ただ、7月5日が日経平均株価の安値であった事を、追認する事になるそうです。 しかし、7月31日の終値が、2万5,000円以上となれば、1週間... 続きを読む