1年移動平均線を終値が100日以上連続して超えられなかった場面 :マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2019年4月2日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 2007年から2018年の間で、1年移動平均線を日経平均株価の終値が、100日以上連続して超えられなかった場面が下記の通りですが、これは重要な指標となっていて、株価が上昇できない様です。 ●2007年10月16日から2009年6月9日までの402日間(リーマンショック) ●201... 続きを読む



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

3ヶ月移動平均線が上向きの時は、下値支持率100%

2019年4月2日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 現在の3ヶ月移動平均線は、20,998円に位置していますが、3ヶ月移動平均線が上向きで、株価の終値が、3ヶ月移動平均線の上にあり、この3ヶ月移動平均線を下値支持線にしている状況では、過去のデータでは、絶対に上値をトライ(上昇傾向)している様です。 ■3ヶ月移動平均線が上向きで、株... 続きを読む

長期的な株価上昇には、1年移動平均線が上向く必要がある:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2019年2月12日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 ロウソク足の上に、3ヶ月移動平均線や、100日移動平均線が下向きになっているので、これらの移動平均線の長期線を見ると、今はまだ調整局面で、その調整局面の中で上げ下げを繰り返している様ですが、TOPIXは、過去3ヶ月移動平均線の移動平均線を上回る可能性があるとの事で、そうなると、... 続きを読む

株式相場のトレンドを把握する方法 GOGOJUNGLE マーケット・ストラテジー

2019年2月8日のGOGOJUNGLE マーケット・ストラテジーで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 52週(1年)移動平均線は下向きで、60日(3ヶ月)移動平均線も下向きなので、日経平均株価は、現状は大勢調整相場で、現状は、ダウントレンドにいる事になるそうです。 ただ、大勢調整相場の中で、2018年12月25日を起点に、1週間(5日移動平均線)や、1ヶ... 続きを読む

下向きの60日及び1年移動平均線が上値の限界:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2019年2月5日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 日経平均株価が、上値が重いのは、3ヶ月(60日)移動平均線が、2018年10月10日にピークアウトして、下向きのままだからの様で、2月4日現在60日移動平均線は、21,161円です。 そして、1年移動平均線も、2018年10月24日にピークアウトして、こちらも下向きのままで、2月... 続きを読む