2018年は、下値を探るのに、PERは有効ではない:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年8月21日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。

2016年の日経平均株価のPER(株価収益率)は、12倍台が、全部で8回しかなかったので、PER12倍台は、下値の目安となっていました。
そして、2017年は、PER13倍台が、合計24回でした。

その為、2016年は、PER12倍台になったら、株を買って良く、2017年は、PER13倍台になれば、株を買って良かったのですが、2018年は、PER12倍台の出現確率は、30%強(156営業日中の48営業日)となっているので、PER12倍台は、買いのサインにはならないそうです。
特に、3月1日から4月23日は、2ヶ月位連続で、PER12倍台で、その時の最低のPERが12.2倍でした。

その為、今年は、PERを下値の目安としては使えないそうです。

●2016年のPER12倍台は、2月に1回、6月に4回、7月に3回の合計8回でした。
●2017年のPER13倍台は、8月に16回、9月に8回の合計24回でした。
●2018年のPER12倍台は、2月13日から2月16日に4日、2月22日の1日、3月1日から4月23日に37日、7月2日、3日、5日の3回、8月13日、16日、20日の3回の合計48回でした。

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)