9月7日から15日の日経平均採用銘柄の上昇率ランキング 日経モーニングプラス

2016年9月16日の日経モーニングプラスで、日経QUICKニュースデスクの露口一郎さんが「9月7日から15日の日経平均採用銘柄の上昇率ランキング」について話されていました。

日経平均株価は、9月6日の17,081円を付けてから、下落し始め、9月15日まで700円近く下落したが、この様な下落局面のなかで、どの様な銘柄が堅調に推移しているのかを、調べてみたそうです。

堅調に推移しているのは、ゲーム関連銘柄が多く、1位のDeNAや5位のコナミHDなどが上位に入っていて、DeNAは、任天堂のスマホ向けゲームのスーパーマリオランの開発に絡んでいるので、DeNAの業績にも貢献しそうだと言うことと、野球が好調なのも影響してる可能性があるそうです。

塩野義製薬や大日本住友製薬は、足元の円高で、輸出関連が厳しいのと、マイナス金利の深掘りの懸念があるとの事で、金融株も厳しいので、景気変動に強い、安定思考で、ディフェンシブ銘柄として買われてる可能性が強いそうです。

東宝は、エンターテイメント関連ですが、「君の名は」というアニメが公開から10日で290万人動員したことが影響している。

6位以下は、比較的業績が堅調な銘柄が目立ち、日本製鋼所は、リチュームイオン電池向けの、絶縁体の製造の機械が足元で好調で、日立建機は、中国での油圧ショベルの販売が、足元で持ち直しの兆しが見れれるとの事で建設機械株には、買いが入っている様です。

サッポロHDは、ディフェンシブ銘柄として買われてる。

旭硝子は、アップル関連銘柄で、アップルのiphone7が販売開始との事で、人気が高まっているそうです。

1.DeNA      8.7%
2.塩野義製薬   5.2%
3.東宝      3.2%
4.大日本住友製薬 2.1%
5.コナミHD    2.0%
6.日本製鋼所   2.0%
7.横河電機    1.8%
8.日立建機    1.7%
9.サッポロHD   1.5%
10.旭硝子      1.4%

日経モーニングプラス|BSテレ東



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)