相場師朗の株塾:空売りを持っていて信用規制が入った時の対応

2017年2月21日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。

空売りを多く持っていて信用規制が入ってしまった時、例えば、新規売りたて禁止(貸借銘柄において新規の売り建て(空売り)を禁止する措置)や、増し担保規制(証券取引所が行う措置の一つで、信用取引による担保を通常よりも引き上げる措置)が入ってしまった時には、撤退した方が良いそうです。

信用規制がかかる様な銘柄は、基本的には扱わない方が良いそうで、信用規制がかからない銘柄と思って取引していた時に、信用規制がかかった場合にも、撤退した方が良いそうです。

JPX400の銘柄や、日経225の銘柄の中で、出来高が1日100万株以上ある銘柄だと、信用規制がかかる事はあまりないそうです。

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)