日経平均騰落率ランキング上位 日経モーニングプラス

2016年9月29日の日経モーニングプラスで、日経QUICKニュース記者の中山桂一さんが「日経平均騰落率ランキング上位」について話されていました。

先週の日銀金融決定会合後の、9月20日終値から28日までの日経平均騰落率ランキング上位は、下記の通りです。
マルハニチロと、ニチレイは、キーワードが冷凍食品で、ニチレイは、26年ぶりの高値で、アナリストから高い評価を得ているそうです。スーパーでは、冷凍食品売り場の面積が、従来の倍くらいの大きさになっている様で、コンビニなどでも販売が増えているそうです。

1.マルハニチロ    12.99%
2.ニチレイ      10.27%
3.東芝        9.15%
4.大日本住友製薬   8.26%
5.住友金属鉱山    6.38%

そして、9月20日終値から28日までの日経平均騰落率ランキング下位は、下記の通りです。
日銀金融決定会合後には、一旦上昇した金融株などが、下落したのが特徴で、松井証券は、中間配当が、13円ということで、去年より12円減配になったので、嫌気された様です。

今後の相場を見る上でも、金融株全般が、どの様に動いていくかと言うことが、TOPIXにも影響するので、気にするべきポイントだそうです。

1.松井証券      -8.63%
2.ソニーFH      -7.15%
3.T&DHD       -7.04%
4.コンコルディアFG  -6.84%
5.丸井G          -5.95%

日経モーニングプラス|BSジャパン

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)