日本株は、外国人売りが続いているが...  マーケット・アナライズplus+

2016年10月8日のマーケット・アナライズplus+で、大和証券 投資戦略部 担当部長 チーフテクニカルアナリスト兼シニアストラテジスト 木野内 栄治さんが、下記の内容について話されてました。

2016年1月から8月の外国人の日本株の売り越し額は、4兆円以上ありますが、このうちの6割から7割は、欧州系の金融機関で、欧州系の金融機関が日本株を売っていた理由は、2つあります。

1つは、マイナス金利を嫌気しての売りで、ユーロ圏の代表的な株指数のユーロストック50を見ると、2014年6月5日、2014年9月4日にマイナス金利を導入したが、その後株価は必ず下落していて、量的緩和政策を行った時には、株価は上がっており、マイナス金利と、量的緩和政策を同時に行った場合には、株価は横ばいになっている。

マイナス金利は、株価にとっては良くないと言う事をよく知っている。ただ、原油の価格が上がってくると、マイナス金利の深掘りは、なくなってくる。

そしてもう一つは、オイルダラーも欧州経由で売られていたので、こちらも原油の価格が上がってくると、売られなくなってくるので、今後は、外国人売りは止まってくる、又は、リバースしてくると考えられる。それの大きなきっかけが、原油価格の上昇で、今後、欧州系の金融機関が日本株を買ってくると、日本株も上昇しやすくなる。

マーケット・アナライズplus+ | 情報・ドキュメンタリー | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)
マーケット・アナライズ plus+ | facebook

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)