新高値数が3桁持続なら上値を狙う:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2017年5月16日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されてました。

新高値数が3桁持続なら、上値を狙う事が可能な様で、2017年4月26日から5月15日までの11日間の新高値数の1日平均は、200で、日経平均株価の上昇率は、+790円だったそうで、この新高値数の1日平均が200と言うのは、めったに無い事だそうです。

昨年のトランプ相場の時は、2016年11月11日から12月2日までの15日間の新高値数の1日平均は、159で、日経平均株価の上昇率は、+1,082円でした。

12月5日は、新高値数が2桁の74になってしまい、日経平均株価は、151円安となりましたが、その後、12月6日から12月21日までの12日間の新高値数の1日平均は、209で、日経平均株価の上昇率は、+1,170円だったそうです。

もし、250円位日経平均株価が下落した場合は、高値から離れてしまうので、新高値数の1日平均で、3桁を取りに行くのが難しくなるそうで、100円安位で留まっていれば、高値追いを続けると話されていました。

この荒野 浩さんの放送があった翌日に、アメリカのトランプ大統領のロシア関連の問題が出て、日経平均株価は、5月17日に、104円下落して、その翌日の5月18日に、261円下落してしまい、新高値数も76と2桁になってしまいました。

しかし、5月19日と、5月22日は、また、新高値数が、両日とも119と3桁に戻ってきましたので、再度トランプ大統領の問題や、北朝鮮の問題などが発生しない場合には、上値を取りに行く可能性もあるとの事だと思います。

新高値 新安値 日経平均比較チャート

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)