夏は円高株安? ザ・マネー マーケットスクウェア

2016年7月29日のザ・マネー ~西山孝四郎のマーケットスクウェアで、現役ファンドマネージャーの西山孝四郎さんと、マネースクウェア・ジャパンのNTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA) 津田 隆光さんが、下記の内容について話されてました。

8月は円高株安がダラダラと継続しそうであるが、投機筋が見ているのは、本格的に円高になるのは、9月以降で、9月、10月で何らかの危機か、株安が起こり、円高になると考えられているそうで、今は、世界的に株高なので、この様な時に、円だけ95円などの円高になることは考えにくい。

8月は、北半球のトレーダーはほとんどの人が夏休みに入るので、マーケット参加者が減り、流動性不足で、いつも変な動きをするが、どちらかと言うと、リスクオフの月ではあるが、円高の本番ではない。

8月は歴史的な事件が多く、ウォーターゲート事件、イラクがクエートに侵攻したり、メキシコ財政危機、ロシア財政危機、パリバショック、昨年のチャイナショックなど夏枯れ相場で、閑散商いなので、大きな問題が起きるが、レンジ思考で攻める投資スタイルが必要となる。

アメリカが円安ドル高を容認していないので、何をやっても上値が限られるとの事でした。

西山孝四郎のマーケットスクウェア (2016.7.29放送分)
ザ・マネー ~西山孝四郎のマーケットスクウェア | ラジオNIKKEI
人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)