坂本慎太郎さんの中長期投資で億り人を目指す極意 日経モーニングプラス

2018年10月9日の日経モーニングプラスで、こころトレード研究所所長で、ハンドルネームBコミこと坂本慎太郎さんが、下記の内容について話されていました。

坂本慎太郎さんは、若い時に証券会社のディーラーを行っていて、そこで任されたポジションを、全額相場に投資していたので、”ブッコミ”から、ハンドルネームBコミと呼ばれる様になったそうです。

●極意その1:もうかる時期に投資する
億り人(億を超える資産を稼ぐ事)に今すぐなりたい人が、たくさんいますが、実際には、運よりも、投資する時期が大事で、株価が一気に上昇する時期は、相場が始まる時(景気が良くなる時)で、過去では、小泉相場、アベノミクスの初期などで、この様な時に、うまく波に乗れる事が重要だそうです。
そして、この時期に投資する事が、一番短期間で、億り人になる秘訣だそうです。

儲かる時期以外は、知識の積み上げと、経験を積み上げる事で、例えば、上がる相場の初動を掴む気づきを、自分の物にする事が重要だそうです。

儲からない時期は、相場が凪相場(横ばい)や、レンジ相場(上下の繰り返し)だったりするので、この様な時期に投資をしていると、下落した時には、投資する資金がなくなってしまうので、下落した時にも、ポジションを上手に管理する勉強をしたり、知識や経験の積み上げをすべきだそうです。

●極意その2:自分の性格を理解する
この自分の性格を理解する事は、すごく大事で、2つの性格に分かれるそうです。

1.損をして熱くなる人
損をして、熱くなり、その損失を取り戻そうとしてしまう人は、難しい相場で、どんどん損をしてしまい、お金がなくなってしまうので、この様な人は、ルールを作って、最大投資額や損失額を設定する必要があります。

2.損をして冷める人
損をしてしまうと、株式投資は面白くないと思う人や、怖くて、ポジション(株を保有)が持てなくなる人の事で、この様な人は、上げ相場が来た時に、投資ができないので、ポジションを持って、次のチャンスを伺う必要があります。

●極意その3:知識の積み上げ
株式投資は、ファンダメンタルズ(国や企業などの経済状態などを表す指標)が非常に大事で、株価の上下は、企業の業績によるものが多いので、業績の見方や、この業績であれば、この様なパターンで、株価が動くと言う事を、勉強する必要があります。

テクニカル分析や、チャート分析を勉強しようとする人が多いですが、これによりチャートの動きは、わかりますが、何で株価が動くかは理解できていないので、勝率が、なかなか上がらないとの事です。

しかし、為替や、商品は、テクニカル分析が有効だそうで、株式投資は、ファンダメンタルズ投資が、一番合っていると思うとの事です。

つまり、儲かる時期が来た時に、実力がないと儲けられないですし、儲かる時期に備える事で、儲ける事ができるそうです。

日経モーニングプラス|BSジャパン

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)