今後の株価についての予想 ザ・マネー マーケットスクウェア

2016年7月15日のザ・マネー ~西山孝四郎のマーケットスクウェアで、現役ファンドマネージャーの西山孝四郎さんが、下記の内容について話されてました。

西山孝四郎さんの知り合いのファンド勢は、裁定残が急激に減っており、リーマンショックの後よりもひどい状況になっているので、これで裁定買いが復活すると、日経平均は、1,000円位は簡単に上がる相場環境になっていると話しているそうです。

今後の株価については、日本株は出遅れていたが、ニューヨークの株価も最高値になっているし、最短でも7月末又は8月のはじめまでは株価はもちそうで、長くても賞味期限は、9月までではないかというのがファンド勢の見方だそうです。

それ以降株価が上昇しないのは、ウォールストリートジャーナルがエコノミストに調査したところ、エコノミストの半数が12月13日に追加利上げすると予想しているので、株が上がれば上がるほど、経済指標次第だが、インフレ指標及び住宅バブルが加熱し、FRBは、利上げすると思われるからだそうで、そして、今は、株式市場に資金が戻ってきているのではなく、基本は買戻しの状況だそうです。

秋は毎年株価が下がるので、9月、10月の2カ月は、買い方としては押し目を待つ必要があるシーズンだと思うとの事でした。

西山孝四郎のマーケットスクウェア (2016.7.15放送分)
ザ・マネー ~西山孝四郎のマーケットスクウェア | ラジオNIKKEI
人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)