中国春節休み明けの日経平均株価の騰落率 東京マーケットワイド 

2019年2月8日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。 

中国春節休み明け後の日経平均株価の騰落率を、1週間(5営業日)、3週間(15営業日)の単位で見ると、日経平均株価は、かなり上昇した事も多い様です。

これは、インバウンド関連(訪日外国人向け)のビジネスが、話題になる事もありますし、この旧正月が明ける事で、中国だけではなく、アジア全体として、新たに資金が動き始めると言う事もある様です。

最近は、中国をはじめアジアの資金の存在感も大きくなってきているので、この様な資金が、日本株にも流入してくる事により、春節休み明けには、株価を持ち上げられる事も多いとの事です。

その為、来週以降、日本株の持ち直しも短期的に期待できるかもしれませんし、中期的には、小売株に注目すると、パフォーマンスが良くなる可能性もあるそうです。

●2012年1月27日(休みの最終日)から5営業日後までは、-9.29円で、15営業日後までは、+542.95円
●2013年2月15日(休みの最終日)から5営業日後までは、+212.11円で、15営業日後までは、+1,109.79円
●2014年2月6日(休みの最終日)から5営業日後までは、+157.91円で、15営業日後までは、+685.95円
●2015年2月24日(休みの最終日)から5営業日後までは、+211.68円で、15営業日後までは、+833.52円
●2016年2月12日(休みの最終日)から5営業日後までは、+1,014.56円で、15営業日後までは、+2,062.17円
●2017年2月2日(休みの最終日)から5営業日後までは、-6.91円で、15営業日後までは、+456.88円
●2018年2月21日(休みの最終日)から5営業日後までは、+97.43円で、15営業日後までは、-193.52円

残念ながら、佐藤光さんの動画は、下記の動画一覧では、見ることはできません。通常は、東京マーケットワイドの金曜日の14時位からライブで見ることができます。または、14時以降でも、2時間位は、時間を戻して再生する事も可能です。
尚、ライブで見る場合は、無料の会員登録が必要です。
STOCKVOICE

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)