「トランプ銘柄を組み入れた投信登場」 ワールドビジネスサテライト

2017年1月17日の「ワールドビジネスサテライト 」で、「トランプ銘柄を組み入れた投信登場」の話題がありました。 

トランプ相場と呼ばれる株高で、株式投信の運用成績が改善、個人投資家はここ数ヶ月、投信の売却に動いているそうで、この流出したマネーを狙って、大和投資信託は、2017年1月17日から、米国インフラ・ビルダー株式ファンドの運用を始めたそうです。

大和投資信託グローバル・エクイティ運用部の東根裕さんの話では、米国インフラ・ビルダー株式ファンドは、資本財、運輸、素材といった、建設や輸送に関わる産業や、企業に投資するそうです。

巨額のインフラ投資は、トランプ大統領の看板政策で、建設資材メーカーや、運送会社は、トランプ銘柄の代表格だそうです。

アメリカでは、高速道路や、送電線など、インフラの老朽化が深刻で、これらを更新する需要が拡大すると見込み、大和投資信託では、以前からインフラ関連銘柄に投資する投信を計画していたそうで、トランプ大統領になったから、急に作ったわけではないそうですが、トランプ大統領が、インフラ投資を唱えた事で、スポットライトを浴びたのは、確かだそうです。

非常に長い期間に渡り、恩恵が出てくるので、業績と、成長性というところで、中長期で、パフォーマンス(運用成績)を見ていきたいとの事でした。

米国インフラ・ビルダー株式ファンド

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)