メガバンクも為替損が発生する? 日経モーニングプラス

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月19日の日経モーニングプラスで、BSジャパン解説委員の豊嶋広さんが、下記の内容について話されてました。


先進国の物価目標は、ほとんどの国が2%に設定していますが、2%に設定していると、先進国の為替が安定的に推移しやすくなるそうで、一般論では、インフレの国程、通貨が安くなるそうで、デフレの国ほど、通貨が高くなりやすいので、もし、日銀が物価目標の2%を下げてしまうと、円高になってしますそうです。

6月19日の週の日経ヴェリタスに掲載されていた記事では、3メガバンクの為替感応度が高まっているそうです。

1ドル円高になると、三菱UFJは、55億円、三井住友は、32億円、みずほは、17億円、キャノンは、49億円、パナソニックは、32億円、日立は、20億円、トヨタは、400億円、ホンダは、120億円の損失が出るそうです。

今までは、円高での為替損は、製造業の話しが有名でしたが、3メガバンクも海外展開しているので、円高により、損失が出やすくなっているそうです。

決算の時には、連結決算で円建てにしなければいけないので、円換算した時に、利益が目減りしてしまうことが出てくるそうです。

日経モーニングプラス|BSジャパン

1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト




ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)