WTI原油のチャート形状

2016年10月8日のマーケット・アナライズplus+で、大和証券 投資戦略部 担当部長 チーフテクニカルアナリスト兼シニアストラテジスト 木野内 栄治さんが、下記の内容について話されてました。

神風が吹いてきたのが、原油で、サウジアラビアのサウジアラムコの上場に向けて、非OPECも原油の値上げ賛成になってきていると考えられる。チャートも、右肩下がりのネックラインを持つ、三尊は抜けてきたので、WTI原油の価格が、52ドルを超えてくると、もっと良いチャート形状になり、チャートから見ると、77ドル位まで上がってもおかしくないと考えられる。

そうなると、日本だけでなく、世界中で、インフレ率は上がってくるので、金利も世界中で上がって来るが、日本の金利だけは、日銀が長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)を決めたので、低いままなので、日本の景気だけはスゴく良くなってくる期待ができる。更に、金利差拡大で、円安に進む事になるそうです。

マーケット・アナライズplus+ | 情報・ドキュメンタリー | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)
マーケット・アナライズ plus+ | facebook

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)