TOPIX業種別下落率ランキング 日経モーニングプラス

2016年9月9日の日経モーニングプラスで、日経QUICKニュースデスクの露口一郎さんが「相場の物色の特徴」について話されていました。

9月9日の週は、日経平均株価が、17,000円を回復したが、物色の傾向が変わってきたそうで、9月2日までの週はバリュー株が買われていた。つまり、PERやPBRが低い銘柄が買われていたが、9月9日の週は、こうした銘柄が売りに押されてきた。

例えば、鉄鋼は8月は上昇が目立っていたが、足元では売りが出ており、銀行、保険業、証券商品先物などの金融セクターも、日銀の7月末の金融政策決定会合後、買われていたが、同様に、足元では売りが目立ってきた。

輸送用機器や電気機器は、足元の円高の影響を受けている様です。

これらのことから、バリュー株の一巡感が出てきた様で、今後良くなりそうで、持ち直しているのが、食品や、小売と言った8月にさえなかった銘柄だそうです。

9月5日から9月8日のTOPIX業種別下落率ランキングは、下記の通りです。
1位 鉄鋼      -2.81%
2位 銀行業     -2.74%
3位 保険業     -2.51%
4位 証券商品先物  -2.14%
5位 鉱業      -1.76%
6位 空運業     -1.31%
7位 その他金融業  -0.68%
8位 非鉄金属    -0.42%
9位 輸送用機器   -0.35%
10位 電気機器    -0.22%

日経モーニングプラス|BSテレ東



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)