SQ後のCME先物の円建てとドル建て価格の相違

9月のSQ後、今まで同じ様に動いていた日経平均先物 CME(円建て)と日経平均先物 CME(ドル建て)価格の相違が120円位あります。その為、どちらで日経平均を予測すべきか戸惑うこともあると思います。最近日経平均は、日経平均先物 CME(ドル建て)に近い価格で推移しています。

下記のサイトを見ると、SQ通過直後に、株価の上下動が激し場合は、ボラティリティが増加するので、日経平均先物 CME(円建て) と日経平均先物 CME(ドル建て)の価格差が大きくなると書かれています。そして、円建てよりドル建ての方が株価が高い場合には、株高・円安を予測している場合が多い様です。

連休後株価が上昇している事をお祈りしています。

CME225について|システムトレード
日経平均先物 CME SGX 大証 夜間 リアルタイムチャート
日経225先物取引 – Wikipedia



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)