EU離脱の投票結果の判明時間 東京マーケットワイド

2016年6月17日の東京マーケットワイドで、内藤証券 投資調査部長の田部井美彦さんが、下記の内容について話されてました。

イギリスの政治家殺害事件後のブックメーカーの調査では、残留確率が大幅に上回ったそうですが、次第にオリコミからアク抜けを意識して来る様な展開になる可能性もあるが、日本のマーケットでは、答えは出せない状況となっている。

投票結果は、日本時間6月24日(金曜日)朝8時半頃に発表開始、離脱か残留かの大勢判明は、昼の11から12時台なので、結果が判明して一番影響を受けるのが、日本の株式市場で、リスクが高くなる可能性がある。尚、最終結果は、日本時間の午後4時位です。

もし、離脱が決まった場合、2年間の猶予期間があるので、直ぐにEUからイギリスがいなくなるわけではない。そして、残留になった場合は、イギリスは、ユーロの危機に対しての負担の軽減、移民の社会保障を削減する事など、その他様々な条項があるので、その様な事を飲む形での残留となると、イギリス意外の国々も揉める可能性があるので、EU自体の枠組みも変わってくるかもしれない。つまり、残留しても問題は残る、ただ、この事が、金融不安に発展しなければ、株式市場は影響は受けないと思われるが、世界的に不安定な状況が続く可能性もある。

楽天証券経済研究所の窪田真之さんのレポートで、英国民投票の結果を巡るブックメーカー(賭け業者)が算出している6月16日の「予想確率」があります。
どうなる?BREXIT!投票結果のシナリオ別相場展望

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)