株の戻りは、売り圧力の低下:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年12月4日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 株価が戻るのは、売りの圧力が弱まる時で、今年の期間は、2週間位で、-4%位が目安だそうです。 直近の11月19日から、12月3日までの9日間では、空売り比率の低下幅は、-4.2%だったそうで、9月7日から9月21日の外国人投資家が日本株を買い越した時以外は、下記の低下幅の平均を... 続きを読む

想定外の株価の上昇は、売り方は一番困る?:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年10月30日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 10月30日の株価の上昇の様な、想定外の株価の上昇は、売り方は一番困るそうで、日経平均株価が、21,424円以上だと、5日移動平均線を上回るそうで、TOPIXも同様に5日移動平均線を上回るそうです。 日経平均株価が、5日移動平均線を上回ると起こる事は、2018年2月及び3月の... 続きを読む

空売り比率が下がると、株価が上昇:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年10月23日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 安値から売り圧力が和らぎ、売り叩いた反動で、株価が戻りますが、今は、売り圧力が和らぐ事がない様です。 これまに、50%を超えたのは、2018年3月23日の空売り比率50.3%の1回だけで、その日の日経平均株価が今年の年間安値となっているので、もし、23日の空売り率が50%(実... 続きを読む

空売り比率の48%を超えは、株価の底値日近辺で起こる:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年10月16日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 下記の様に、空売り比率が、48%を超えたのは、10月15日で4回目で、その48%を超えた日が、株価の底値日となっているそうです。 ■空売り比率の48%を超えの日 ●2018年3月2日が、空売り比率48.8%で、株価安値が翌営業日(3月5日) ●2018年3月23日が、空売り比... 続きを読む

空売り率の5日平均のピークで、日経平均株価は必ず底入れしている?:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年10月9日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。 空売り率を見ると、10月1日から10月5日の平均は43.5%で、これは海外投資家が売り越している証拠で、今後45%をもし超えれば、短期的には、株の買い場となるそうで、その理由は、2018年2月以降では、空売り率の5日平均のピークで、日経平均株価は、必ず底入れしているので、もし、... 続きを読む