2016年の空売り比率の推移 東京マーケットワイド

2016年11月1日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されてました。

1月、2月、6月,7月は、空売り率が40%を超えており、グローバルにリスクオフになった時に、空売りで、売り仕掛けしている。
8月は、空売り率は、41.4%と今年最高だったが、株価は、前月末比で、プラス318円上昇している、これは、7月末から日銀がETFの買い入れを増やした為に、売り崩せなくなったそうで、その為、空売り率は、9月、10月と下がったそうです。売り圧力の低下、円安で、外国人投資家が買い増しして、上値が軽くなり、日経平均株価の上昇に繋がったとの事です。

●1月の空売り率40.9%で、40%以上の日数は、16日
●2月の空売り率40.5%で、40%以上の日数は、14日
●3月の空売り率38.1%で、40%以上の日数は、4日
●4月の空売り率38.5%で、40%以上の日数は、6日
●5月の空売り率39.1%で、40%以上の日数は、4日
●6月の空売り率40.8%で、40%以上の日数は、11日
●7月の空売り率40.4%で、40%以上の日数は、14日
●8月の空売り率41.4%で、40%以上の日数は、17日
●9月の空売り率39.9%で、40%以上の日数は、9日
●10月の空売り率37.8%で、40%以上の日数は、2日

外国人投資家が、1,000億円買い越しても、日経平均株価は、下落しているが、外国人投資家が、4,000億円以上買い越すと、日経平均株価は、上昇しているそうで、外国人投資家が、4,000億円以上買い越した時の日経平均株価は、4,442円上昇している。
外国人投資家が、日本株を買わないと、日経平均株価は、上昇しませんが、その外国人投資家が、日本株を買い越す時は、必ず円安となっているそうです。

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)