11月24日 東京マーケットワイド 荒野 浩さんの意見

11月24日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが下記の4点について解説されていました。

●海外投資家の売買差額と株価
今年に入って、先々週までで45週経過したが、海外投資家が買い越した週は24週で、そのうちプラスが21回、マイナスが3回、売り越した週は、21週で、プラスが3回、マイナスが18回だった。これにより、海外投資家が買い越せば日経平均はほとんどの場合プラスになる。海外投資家の売買差額が発表になるのは、毎週第4営業日(通常は木曜日引け後)になるが、データが出る前に状況を把握する事ができる。
それを見極める方法は、
1.5日移動平均線の向きが上向き又は下向きか(下向きならば売り越しの可能性が大)
2.中小型株が高いのに、大型株が下落している場合には、海外投資家は売っている可能性が高い

投資部門別売買状況 | 日本取引所グループ

●下値も堅いが、上値も重い? 
6対4の確率で今後の株価は上昇する可能性がある。もし、今日の先物の終値で19900円台又はドル円が123円になれば、2万円の準備が整う。

●移動平均株価の位置 
まだ、100日移動平均と6カ月移動平均は下向きだが、3カ月移動平均が11月19日に底入れなって上向き始めた。 
もし、アメリカのGDP値が予想より良く出たならば、2万円を一気に超えてくる可能性が高い。

●高値を取りに行くときの状況証拠(新高値・騰落レシオ)
必ず起こる事は、新高値が100を超えてくる事及び騰落レシオの一ヵ月、三カ月、100日移動平均の3つのレシオが全て100%を超えた時に高値を取りに行く事が多い。そして、先週超えているが、これが続けば、今年の高値だった5月、6月と同じ状況になる。

新高値・安値(東証1部) – Yahoo!ファイナンス
騰落レシオ 日経平均比較チャート

荒野 浩さんの動画一覧  
東京マーケットワイド荒野浩さんの動画 ? YouTube

TOKYO MX * 東京マーケットワイド
stockvoice動画一覧 – YouTube



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)