8月の値幅が示唆するNYダウの年終盤のレンジは? マーケット・アナライズplus+

2016年10月8日のマーケット・アナライズplus+で、大和証券 投資戦略部 担当部長 チーフテクニカルアナリスト兼シニアストラテジスト 木野内 栄治さんが、下記の内容について話されてました。

株価の値幅がなくなった場合は、チャーチストから見ると、良く暴落すると言われているが、木野内 栄治さんが調べたところ、NYダウは、8月の値幅が小動きなときほど、年終盤は下がっていないそうです。

例え下がっても10月末まで、7%位しか下がっていないので、歴史的に見たとしても、下がっても17,000ドルまでと考えられ、その手前の52週や200日線がある17,439ドルから17,565ドル位までと考えられる。

この秋は、それほど心配はないと考えているそうです。例え、11月又は、12月に利上げをしても、円安になると考えられるので、日本株は、それほど心配はないと思っているそうです。

マーケット・アナライズplus+ | 情報・ドキュメンタリー | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)
マーケット・アナライズ plus+ | facebook

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)