1月20日のトランプ大統領の就任演説後の為替動向 日経モーニングプラス

2017年1月17日の日経モーニングプラスで、日本経済新聞編集委員の鈴木亮さんが、下記の内容について話されてました。

1月20日のトランプ大統領の就任演説後の為替への影響は、この就任演説で、減税や財政出動等の話があるかどうかが、注目材料の様で、減税や財政出動等の話が出てくると、円高に進んだ為替は、円安に戻る期待がマーケットにはあるそうで、しかしながら、トランプ大統領は、共和党ですが、共和党の議会は、財源の問題等があるので、減税や財政出動等に、諸手を挙げて賛成ではないので、人事が固まるまでは、減税や財政出動等の話は出てこない可能性があるそうです。

その為、1月20日のトランプ大統領の就任演説でも、肩透かしになりかねないのですが、その場合も、一般教書演説、予算教書演説などの機会に、減税や財政出動等の話が出てくれば、円安基調になると考えられるそうです。

今後の方向性は、鈴木亮さんは、中長期では、円安になると考えているそうで、その理由は、2つあり、ヘッジファンドなどを含めた思惑での売買以外に、実需のドル買いが2つあり、1つ目は、貿易で、日本は東日本大震災以降は、基本的に、貿易赤字国で、去年一瞬貿易黒字になったのは、原油価格の値下がった為だそうですが、しかしながら、貿易赤字は、円安要因だそうです。

2つ目は、大手生保による外債投資で、これが、2016年11月位から急に増えていて、しかも為替ヘッジをしていないので、円を売って、ドルをそのまま買って持つという事をしているそうで、普通は、先物で円を買って、為替ヘッジするのですが、この為替ヘッジをしていない外債投資が増えているので、この2つの実需があるので、中長期的には、円安になると考えているそうです。

日経モーニングプラス|BSテレ東

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)