高値数1桁は底値を示唆 東京マーケットワイド

2016年8月9日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されてました。

新安値数が1桁は、相場が良いとよく起こるが、新高値数が1桁はあまり起こらない。4月の年初来から、新高値数が10未満の日は、全部で7回だが、全て底値を付けるタイミングで発生している。

近々では、8月4日、5日にあったが、この時の株価は、16,200円台なので、16,200円から16,300円位が底値になってきた。外部環境による売り材料等が出てこないかぎりは、ジワジワ上がっていく相場だそうです。

4月6日日経平均株価の安値で、新高値数 5,新安値数が237
6月14日、新高値数 6,新安値数が341
6月15日、新高値数 7,新安値数が223
6月16日日経平均株価の安値で、新高値数 7,新安値数が459
6月17日日経平均株価の安値で、新高値数 4,新安値数が164
8月4日、新高値数 8,新安値数が67
8月5日、新高値数 6,新安値数が38

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド
人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)