需給の株価反発シグナルに期待 Newsモーニングサテライト

2018年11月14日のNewsモーニングサテライトで、東海東京流通センターの仙石 誠さんが、下記の内容について話されていました。

10月以降日本株は大きく下落しましたが、売り越しの主体は、海外投資家で、10月の海外投資家の売り越し金額は合計で、4兆2,729億円、そのうち現物株が、2,565億円に対して、先物が4兆164億円の売りと、投機的な投資家の売りが、日本株の下落につながった様です。

海外投資家の売りが、裁定解消売を促す形になり、日本株が、大きく下落した要因となったとの事です。

裁定取引残高が反発のシグナルになると考えているそうで、裁定取引残高は、先物主導で株価が上昇する時に、残高が増加しやすく、逆に、先物主導で株価が下落する時には、裁定取引残高は、減少しやすい指標となっているので、今回の下落も、先物主導で下落したので、裁定解消売りを誘い、裁定取引の差引残高は、4億株を割り込む水準まで減少しました。

裁定取引の差引残高が、4億株を割り込むと、株価が反発する傾向があるので、裁定取引の差引残高の4億株割れは、需給面での株価反発のシグナルと見る事ができる様です。

プログラム売買・裁定取引 | 日本取引所グループ

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)