長期投資を行う場合の銘柄について マーケット・アナライズplus+

2016年2月27日のマーケット・アナライズ・マンデーで、株式アナリストの鈴木一之さんが、下記の内容について話されてました。

●長期投資を避けるべきジャンル、観点
1.テクノロジー系、外需系(輸出関連)、アミューズメント系(エンターテイメント)は、変動が激しい
2.小型株
3.遠大な未来、理想、夢は、実現するかわからない。
4.高単価の製品、サービス

●長期投資が望ましいジャンル、観点
1.内需系、大型株
2.日用品、消耗品
3.女性に人気
4.半径5メートルの日常で、日々購入している物
5.単価の低い製品は、積み重ねていくと、成長しそうである。

●そのうえで、過去の業績を調べる。
1.過去3年間、売り上げと営業利益が伸びている銘柄。
2.配当が増加すればなお可。
3.借入金が過大でない。(自己資本比率50%程度)

●そして、チャートは最後に見る。

望ましいジャンルの銘柄は、味の素(2802)、良品計画(7453)、寿スピリッツ(2222)、ケンコーマヨネーズ(2915)、ハードコーポレーション(2674)、モスフードサービス(8153)、アリアケジャパン(2815)などがあげられるそうです。

マーケット・アナライズplus+ | 情報・ドキュメンタリー | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)
マーケット・アナライズ plus+ | facebook



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)