相場師朗の株塾:業績が良くても株価は下がる場合もある

2016年7月19日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。

去年の12月の雑誌でアナリスト又は評論家が、「トヨタ自動車について色々調べたが、トヨタの去年の12月期の中間決算は、8,300億円で、営業利益が前年同期比で4割多かったので、トヨタ自動車株を狙って買いなさい」と書いてあったが、その雑誌で買いなさいと書いてあった時のトヨタ自動車の株価が、7,600円位で、それから半月位後から下落し始め、2016年7月19日時点で、5,500円になってしまった。

チャートを見ると暴落で、全ての移動平均線が下落していたので、この様な状況の時は、空売りをすべきである。つまり、業績ばかりを考えると、この様な事になってしまうので、業績ではなく株価の流れを把握する必要がある。

私が思うのは、雑誌は、およそ1カ月前位の情報を基に作成されているので、発売されている時には、状況が変わっている事が多いのと、昨年の年末までは、円安だったが、今年の1月から円高になってしまった。そして、トヨタ自動車は、1円円高が進むと営業利益が400億円減ると言われているので、相場師朗さんが言われている通り、チャートを見て株の売買をしないと大変な事になってしまうと思います。

人気ブログランキングへ



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)