相場師朗の株塾:株価下落中の5日移動平均線の動きを掴む

2018年3月6日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。

株価の下落局面では、5日移動平均線が、下落してきますが、その5日移動平均線の下落の角度が急な場合は、たくさん下げたからと言って、すぐには上がらずに、徐々に5日移動平均線が、横ばってきます。その頃には、ロウソク足が、上がったり、下がったりして、ある一定の範囲で上げ下げをするので、5日移動平均線が、横ばってきます。

ロウソク足が、上がったり、下がったりしていると言う事は、下げ止まりの可能性が出てきたと言う事で、打診買いとして、0(売り)-1(買い)にしますが、しかし、もう一度下げる可能性もあるので、もし怖い場合には、2(売り)-1(買い)にします。

その後、ロウソク足が上昇する様であれば、2(売り)-1(買い)の持ち株を、1(売り)-2(買い)に変更して、そして、一度上げて、その後下げたけれども、ロウソク足が、前の下値を割らない時には、0(売り)-3(買い)または、0(売り)-4(買い)に変更して、その頃には、5日移動平均線が、横ばいから、やや上向きに変わってくるそうです。

つまり、イメージとしては、5日移動平均線の下落の角度が急な状態から、下落角度がやがて緩くなって、その後、横ばいになってくる状況を確認して、その後、5日移動平均線が上昇しても、必ずどこかで、上げの勾配がゆるくなって、横場って、やがて下落してくるので、5日移動平均線で、株価の流れを掴む事ができます。

USTREAM: 相場師朗の株塾
相場師朗の株塾 | ラジオNIKKEI

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)