相場師朗の株塾:日足より週足を先に見た方が良い

2017年6月13日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されてました。

週足をメインにして観察しながら、日足で、売り買いを行いますが、株価の上昇の中の一時的な下げなのか、株価の下落の中の一時的な上げなのかを、見破れる事ができれば、途中で買いを入れていたのに下がってきたので、手仕舞ったら、その後株価が上がってしまったとか、又は、空売りを入れたのに、株価が上がってきたので、手仕舞ったら、また下がってしまったとかと言うことがなくなり、方向感をしっかり把握することができるそうです。

その為、不要なヘッジを入れなくても良くなるとともに、自由自在にヘッジを入れる事ができるとの事で、ヘッジ貧乏はなくなる可能性が高いそうです。

もし、週足の流れをとらえる事ができれば、週足で陽線4本続けば、1ヶ月間上げる事になり、週足で陰線4本続けば、1ヶ月間下げを取る事ができます。
そして、上げの途中で、ちょっとした下げがあるかもしませんが、それに翻弄(ほんろう)されなくなるそうです。

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)