相場師朗の株塾:日経平均先物が大きく動いている時の対応

2018年4月10日の相場師朗の株塾で、相場師朗さんが、下記の内容について話されていました。

シカゴ日経平均先物は、見ていないそうですが、日本(大阪)の日経平均先物の動きは見ているそうで、前日夜に、日経平均先物が大幅に動いている時は、それまで玉(売り買いの株)を持っていない時は、状況を判断して、売買を行うかどうかを決めているそうです。

日経平均先物 CME SGX 大証 夜間 リアルタイムチャート

そして、既に、前の日から玉(売り買いの株)を持っている時は、例えば、買いの玉を持っていて、日経平均先物が、前日夜にものすごく下げた場合は、売りのヘッジを入れるそうです。そしてもしその後、日本市場のザラ場で、売りヘッジを入れたのに、戻ってしまた場合は、玉の操作で対応するそうです。

前日のザラ場引け後にチャートを見て、翌日朝に「買いだ」と決めていた場合で、朝方、日経平均先物が大幅に下げていた時は、エントリーを延期をして、変動が小さくなるまで待つそうです。

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)