日銀のETF買いで、時価総額上位に来てる銘柄 日経モーニングプラス

2016年9月8日の日経モーニングプラスで、日経QUICKESTニュース記者の滝口朋史さんが「東証1部時価総額ランキング」という話題について話されていました。

日銀のETF買いで、東証一部の上位に来ている銘柄の東証1部時価総額ランキングは、下記の通りです。

6月末時点と、9月7日時点の比較による、企業の市場価値を指し示す時価総額のランキングですが、つまり、日銀のETF買い入れ倍増前までと、後での比較になります。

6月末というと、イギリスがEUからの離脱を決めた直後ということで、企業の大半の銘柄の時価総額は増えているが、あまり大きく動かない上位10銘柄にも、やや変動がが見らたそうで、上位三社は、不動でしたが、時価総額増減は、明暗をわけていて、トヨタの時価総額は、4兆円弱(22%)増加して、NTTとNTTドコモは、1%から4%の減少で、アメリカの利上げ観測が一時強まったので、内需関連株が売られ、輸出関連株が買われた結果ですが、株式市場が水準を切り上げる中で、NTTとNTTドコモは、弱い動きだったと言うことだそうです。

動いているのは、4位以下で、KDDI及びソフトバンクの上昇は、内需関連株の売りに加えて、日銀がETFの買い入れ額を増やした影響が出ていると言える。

日銀が5割あまりの資金を振り分けているのが、日経平均型のETFですので、日経平均の構成銘柄のうち、発行済株式数が少なく、時価総額が小さいファーストリテイリングを除きますが、KDDIが占める割合は、4.4%なので、ファーストリテイリングについで最も高い銘柄で、ソフトバンクが4%で続いている。日銀がETFを購入すると、これらの銘柄が上昇しやすくなるので、時価総額を押し上げる要因となったそうです。

7月末の日銀の金融緩和が、ETF買い入れ増額だけで、マイナス金利幅の拡大はなかったので、金融株は、買い戻されました。順位は変わっていませんが、三菱UFJの時価総額は、1兆3千5百億円(約2割)増えました。しかしながら、日本郵政とゆうちょ銀行の伸びは、小幅にとどまっていたのは、郵政3社が日経平均株価に採用されていないので、日銀のETF買いの恩恵を受けにくい銘柄となっている。

9月7日時点1位 トヨタ 20.6兆円、6月末時点も同様に1位
9月7日時点2位 NTTドコモ 10.5兆円、6月末時点も同様に2位
9月7日時点3位 NTT 10.0兆円、6月末時点も同様に3位
9月7日時点4位 KDDI 8.3兆円、6月末時点は5位
9月7日時点5位 ソフトバンク 8.3兆円、6月末時点は6位
9月7日時点6位 JT 8.1兆円、6月末時点は4位
9月7日時点7位 三菱UFJ 7.8兆円、6月末時点は7位
9月7日時点8位 日本郵政 6.2兆円、6月末時点は8位
9月7日時点9位 ホンダ 5.7兆円、6月末時点は10位
9月7日時点10位 ゆうちょ銀行 5.6兆円、6月末時点は9位

日経モーニングプラス|BSテレ東



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)