日経平均採用銘柄11月の上昇率、下落率ランキング 日経モーニングプラス

2016年12月1日の日経モーニングプラスで、日経QUICKニュース記者の中山桂一さんが下記の内容について話されていました。

11月は、トランプ相場で、値動きが大きかったと思いますが、上がった銘柄の特徴は、機械、鉄鋼などですが、これらは、インフラ投資の拡大が視野に入ってきた現れで、そのほかには、三菱UFJは、メガバンクですが、メガバンクの株価が23%も上がる事は、なかなかないそうですが、収益拡大の期待と、10年債利回りの上昇で、今まで割安に放置されていましたが、投資家の物色が戻ってきた様です。

●日経平均採用銘柄11月の上昇率ランキング
1位 住友重機械工業 24%
2位 神戸製鋼所 24%
3位 古河機械金属 23%
4位 三菱UFJ   23%
5位 ユニチカ   21%

明治HDが下落していた要因は、これまでは、世界的な低金利の中での物色だったからで、投資家が、債券の代わりとなる、安定的に業績を伸ばしている銘柄に投資をする、債券代替投資が一般的でした。しかし、トランプ大統領が決まった事で、アメリカの10年債利回りが、2%を大きく超えて来たので、世界の投資家の動きがガラッと変わった様です。つまり、リスクを取る動きになり、更に、原油価格の上昇もあり、資源などの株に資金を振り分ける動きが出てきたとの事です。

OPECの減産合意もあり、この下落の動きが続く可能性もある様です。

●日経平均採用銘柄11月の下落率ランキング
1位 明治HD      -13%
2位 千代田化工建設 -10%
3位 中外製薬 -10%
4位 日本製鋼所 -10%
5位 三菱自動車 -10%

日経モーニングプラス|BSテレ東

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)