日本郵政グループ3社の株は、今後も買いか

楽天証券経済研究所長 兼 チーフ・ストラテジスト窪田真之さんが下記の記事で、日本郵政グループ3社(日本郵政(6178)・ゆうちょ銀行(7182)・かんぽ生命保険(7181))の今後について分析されています。2日間で3社とも株価が上昇した(今日は株価は下落しましたので、配当利回りは多少上昇していると思います)ので、配当利回りがかなり悪くなっています。かんぽ生命保険は、昨日の終値で、1.4%になってしまった様です。

日本郵政グループ3社は、完全に民営化されないと「政府保証を利用した民業圧迫」言われるので、業務範囲の本格的な拡大は、完全民営化の後になるとの事です。例としてJR3社の場合は、5~10年は利益がほとんど伸びず、完全民営化が実現してから、成長が加速されたそうですので、日本郵政グループ3社の株も長期投資として持っておいてもいいかもしれませんね。

詳細は、下記のサイトをご参照ください。

日本郵政グループ3社が好スタート
日本郵政グループ3社の投資の考え方

国内株式手数料最大約68%値下げ!業界屈指の格安手数料へ!楽天証券



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)