日本株は夜、売られる 荒野 浩さん

2月9日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されてました。

●日本株は夜、売られる
日経平均先物の午後3:15の日中終値と午前3時の夜間終値は、2月1日から2月8日まですべての日でマイナスになっている。つまり、日中は値を戻しているが、夜間に売られており、下落幅の合計は、-1,890円となっている。
理由は、夜のロンドンタイムから円高になっている為で、夜間取引で売っている人は毎日儲かっている。

      日中終値 夜間終値 差
2月1日 17,870  17,670 -200
2月2日 17,780  17,470 -310
2月3日 17,160  16,830 -330
2月4日 17,070  16,840 -230
2月5日 16,720  16,560 -160
2月8日 17,000  16,340 -660

●調整相場は長期化
過去の調整相場から見て、2つの指標から調整相場を確認する事ができる。
1.一ヵ月(20日)移動平均が下向きであること。20日のRSIが50%未満。
2.騰落レシオの20日移動平均線が100%未満である事

上記2つの指標を満たしていた期間が、9月の安値時は、8月14日から10月5日の34日間で、9月29日の安値を付けた後、500円位上げて、5営業日目に調整相場を抜け出した。
今回は、12月9日から2月8日の40日間、1月21日の安値から12日間経過しているがまだ下落しているので、1月21日が安値であったことを確認できていない。

日本企業の業績は、悪くなっているので、日本株が買われる要因は、円安と何かあったときの買戻しのみだそうです。要人発言もあまり期待できないとの事でした。

16,000円が常識的には、底だと考えられるが、16,000円を割ると言う事は、歴史的に残る様な下落相場になってしまうかもしれないので、そこまで、覚悟しておく必要があるとのご意見でした。

荒野 浩さんの動画一覧  
東京マーケットワイド荒野浩さんの動画 YouTube

TOKYO MX * 東京マーケットワイド
stockvoice動画一覧 – YouTube



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)