政府債務が1000兆円なのに安全資産としての円買い?

世界で問題が起きると、安全資産としての円買いと言われ、円高になります。円高になると、日本株が下落しますので、これは大きな問題です。しかし、日本は政府債務が1000兆円以上なのに、なぜ、安全資産としての円買いと言われて、円が買われるのでしょうか。その理由は、下記の楽天証券経済研究所長 兼 チーフ・ストラテジスト窪田真之さんのレポートを見るとわかりますが、

1.日本の国債の約95%は日本国民によって保有しており、海外から借金はしていない。
2.対外純資産額が、日本は世界で一番の366兆円である。

詳細は、下記のサイトでご確認下さい。
為替についてのご質問



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)