年末は、個人投資家の損だし売りが出やすい時期 東京マーケットワイド 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月14日の東京マーケットワイドで、大和証券 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されていました。 

足元では、株価が戻りを試す場面もありましたが、不安定な動きが続いており、上値が重い状況となっています。

不安定な外部要因もありますが、国内の株式相場の内部要因として年末は、個人投資家の損だし売りが出やすい時期なので、これが、株価の上値を抑えている一つの要因と考えられる様です。

税制上の問題で、特に含み損を抱えている銘柄に関しては、年末までに売っておくと、翌年にネッティング(差額決済)ができるので、この時期は、個人投資家からの売りが出やすいとの事です。

この動きは、年末までとなるので、期間限定の動きとなり、例年ですと、11月の最後の2週間で、この様な動きは終わり、需給が改善してくる様です。

残念ながら、佐藤光さんの動画は、下記の動画一覧では、見ることはできません。通常は、東京マーケットワイドの金曜日の14時位からライブで見ることができます。または、14時以降でも、2時間位は、時間を戻して再生する事も可能です。
尚、ライブで見る場合は、無料の会員登録が必要です。
STOCKVOICE

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)