個人が大幅買い越しで、海外投資家の大幅売り越しは、株価の底値圏:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年10月23日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。

個人の現金勘定が大幅買い越しで、海外投資家の大幅売り越しは、日経平均株価の底値圏でしか起こらないそうで、海外投資家が売り叩いたところを、個人の現金勘定の長期投資家が購入しているそうで、このパターンが、今年に入ってから8回位あるそうで、先週もそうだった様ですが、今日の動きを見ると、今週もその流れが続いているとの事です。

個人の現金勘定が、1千億円以上買い越して、海外投資家が、3千億円以上売り越したのは、今年は、8回あり、その週又は、
翌週には、株価のその時点の安値日となっていて、10月15日の週もこの現象が起こっていると考えられるので、
この組み合わせから考えると、今週中(10月22日の週)には、安値日となる可能性が高いそうです。

投資部門別売買状況(投資主体別売買動向) 日経平均比較チャート

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)