信用評価損益率による相場の底値圏の把握

下記の東洋経済オンライン及びみんかぶマガジンの記事を見ると、「信用評価損益率」による相場の底値圏の把握方法について書かれています。それによると、信用評価損益率とは、投資家がどの位の含み損を抱えているかを平均値を表した数値の様で、式は、買建玉の評価損益合計/買建玉の総額です。そして、20%に近づくと、追証が発生する水準になるので、底入れの目安だそうです。

前回の急落では、2015年9月4日に-16.71%を付けて、それから信用評価損益率は減少しています。しかし、下記のトレーダーズ・ウェブのサイトの数値を見ると、2008年10月24日には、-39.65%になった事もあるので、完全な指標とはならないので、一つの目安として見た方が良いと思います。

売買代金3兆円台復帰が年末高への大前提 | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
「信用評価損益率」を日々チェックして、いち早く市場全体の相場動向をキャッチしよう! – みんかぶマガジン

信用残の推移:信用取引 – トレーダーズ・ウェブ(株式情報、FX情報)
株式需給 | アセットアライブ株式情報-株式ニュースや投資情報の総合サイト!
ネットストック投資指標|ネット証券/株・先物・FXなら松井証券



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)