低迷するヘッジファンドの運用成績  Newsモーニングサテライト

2018年12月4日のNewsモーニングサテライトで、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘さんが、下記の内容について話されていました。

ヘッジファンドには、グローバルマクロ・ファンド(推定運用資産規模は、約20兆円で、マクロのファンダメンタルズを重視するファンド)や、株式ロング・ショート・ファンド(推定運用資産規模は、約90兆円で、ミクロのファンダメンタルズを重視するファンド)など、様々な運用形態があるそうですが、全部の投資ファンドを合わせた今年1月から10月までの年初来パフォーマンスは、-1.4%だそうです。

その中でも、特に成績が悪いのが、マネージド・フューチャーズで、このファンドは、株式、債券、通貨、コモディティなど、世界のありとあらゆるものに、先物でポートフォーリオ(投資家が保有している金融商品の一覧)を構築するファンドで、非常に売買コストが低いので、激しい売り買いをするファンドとして知られているそうです。

そして、普通のインテックス投信を持っていれば、アメリカはプラスになっている様ですが、このマネージド・フューチャーズ戦略のヘッジファンドの運用成績の平均は、年初来で、-6.49%になっているのに、高い報酬料金を取るので、取扱額が低迷している様です。

このファインドは、年初からで、プラスになった月は、1月、6月、8月しかないので、マネージド・フューチャーズのファンドマネージャーは、12月末が決算なので、勝負をかける可能性があるそうで、10月からずっと売っていたそうですが、先週のアメリカの感謝祭以降に、アメリカも日本も買い始めたそうです。

特に日本の場合は、先物主体で購入していて、あるアメリカの証券会社は、4営業日で、1万枚も買いを入れていますが、この証券会社は、手返しが非常に早いそうで、株価が上がっている時は、買っていますが、反対売買の売りも早く入れてくる可能性もあるので、投資家は利食い売りを、忘れずにした方が良いとの事です。

Newsモーニングサテライト:テレビ東京

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)