会社四季報の夏号今日発売 東京マーケットワイド

2016年6月13日の東京マーケットワイドで、会社四季報の石川正樹さんが、下記の内容について話されてました。

会社四季報の夏号が、今日発売されました。

今期は、31業種で営業利益の予想は、-1%で、増益となるのが、黒字転換を含めて、17業種で、二ケタ増益となるのが、パルプ・紙、電気機器、卸売り、その他金融の4業種だそうで、電気機器は、昨年25%減益だったので、少し回復に転じている様です。

減益は、残り14業種で、二ケタ減益となるのが、7業種あり、ガラス・土石製品、輸送機器、精密工業、電気ガス、海運、證券。

四季報記者の独自予想では、増額関連で見出しがたっている会社が131社あり、会社予想に対して、四季報が強気の予想を出しているの会社が711社あり、弱気の会社が、544社、最高益の会社は329社。

今後の材料は、引き続き人工知能(AI)30社、フィンテック30社強、ブロックチェーン6社材料欄に出ているそうです。

80周年記念号の特集は、2つあり、一つ目は、「企業の為替前提について」調査して、だいたい1ドル110円近辺多かったので、為替の動向次第では、業績の上振れもある可能性がある。

2つ目は、「シェアトップの会社を探せ」と言う調査で、全上場企業に「お宅のシェアナンバーワン商品、サービスは何ですか?」とアンケートを出して、170から180社が回答を得たそうです。シェアトップの会社は、価格決定力があるので、営業利益率が非常に高くなる。

具体的には、医療機器の6869 シスメックスは、営業利益率22%で、業績も堅調である。そして、特集には載っていないが、プリントシール機の6238 フリューは、営業利益率15%で、シェアーは70%位ある。優良会員数が161万人位いて、この顧客基盤を利用して、次のビジネスに展開して行こうとしている。

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)