今後人気になる可能性があるESG関連投信

マネーの羅針盤 – 2015年8月8日で大和証券・塩村賢史さんが説明されていたのが、高支持率社長銘柄で、支持率98%以上で、外国人比率3割銘柄は、TOPIXをアウトパフォームしているそうです。 銘柄の詳細は、せつめいされませんでしたが、投資信託があるそうです。この投資信託は、ESG関連投信と呼ばれるもので、環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)が優れている会社を組み入れている投資信託で、今後人気になる可能性があるそうです。
紹介のあった投資信託は、
1.日興エコファンド 日興アセットマネジメント
日興エコファンド|日興アセットマネジメント
2.損保ジャパン・グリーン・オープン 損保ジャパン日本興和アセットマネジメント
損保ジャパン・グリーン・オープン(愛称 ぶなの森) | 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
3.SRI・ジャパン・オープン 三井住友トラスト・アセットマネジメント
SRI・ジャパン・オープン|三井住友トラスト・アセットマネジメント
4.ダイワSRIファンド 大和証券投資信託委託
DC・ダイワSRIファンド / 目的・特色 / ファンド情報 / 大和証券投資信託委託株式会社

GPIFがESG投資を始める可能性があるそうです。期待大です!!



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)