今後の株価の動向について

今日の日経平均株価は、気持ちの良い上昇でしたが、これは昨日のドラギECB総裁の会見による株高の様です。10月23日の東京マーケットワイドで、外為どっとコム総合研究所 石川久美子さんが、10月22日のドラギECB総裁の会見の内容について説明されていました。

「ドラギ総裁の発言を受け、日銀が30日の金融政策決定会合で追加緩和に動く必要性が薄れた」と下記の日本経済新聞の電子版に書かれています。
「マジック」さく裂 「バズーカ」は撃ち方やめ? :日本経済新聞

10月23日のザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェアで、西山孝四郎さんも、日銀は3日に一回300億円ずつETFを買っていたのに、今は買わなくなっていて、お金は4800億円残っており、300億円ずつETFを買うと後15回購入できので、日銀が追加の金融緩和をするのは、12月ではないかと考えられているそうです。

ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア | ラジオNIKKEI
パソコンがそのままラジオ受信機となる radiko.jp ラジオNIKKEI第一

確かに、下記の日銀のETF購入情報を見ると、指数連動型上場投資信託受益権 ETFは、10月1日から15日まで一回しか買っていません。そして、不動産投資法人投資口J-REITも2回のみです。

日銀のETF購入情報を公開しています。下記のサイトからデータをエクセル形式でダウンロードする事が可能です。
指数連動型上場投資信託受益権(ETF)および不動産投資法人投資口(J-REIT)の買入結果

これらの内容をもとに、スケジュールと株価の動きを考えると、来週10月28日はアメリカのFRBの利上げが無いので、株価は上昇して、10月30日には日銀が追加の金融緩和をしないので、株価は下落。そして、12月16日にアメリカのFRBの利上げしたら、株価は下落して、12月18日に日銀が追加の金融緩和をして、株価は上昇して年末を迎えるのでしょうか?ただ、市場心理がどうかわかりませんので結果はどうなるかわかりませんが… 複雑ですね~。

金融政策決定会合の運営 :日本銀行 Bank of Japan
FOMC、2015年の日程を公表 全8回  :日本経済新聞



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)