不安定相場の象徴は、高いボラティリティ-:マーケットアナリスト荒野 浩さんの意見

2018年11月20日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが、下記の内容について話されていました。

週毎の日経平均VI(ボラティリティー・インデックス)及びアメリカVIX指数(恐怖指数)を見てみると、9月の中旬位は、株価が高値を追っていたので、アメリカVIX指数(恐怖指数)は、12くらいに収まっていて、日経平均VI(ボラティリティー・インデックス)は、16くらいに位置していました。

その為、相場が安定する為には、日経平均VI(ボラティリティー・インデックス)は、16に近づく必要があり、アメリカVIX指数(恐怖指数)は、早めに15以下にならないと、株価が上昇しないそうです。

ニューヨークダウが、大幅な下げになると、また、VIX恐怖指数(アメリカ)は、上昇してしまい、そうなると、日経平均VI(ボラティリティー・インデックス)の上がって、日経平均株価も、下落してしまいます。

日経平均VI(ボラティリティー・インデックス)と、VIX恐怖指数(アメリカ)のピークは、10月第4週及び第5週に付けているので、早く沈静化の動きにならないと、株価が落ち着かないとの事です。

●9月第1週の日経平均VIは、16.28で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、14.14でした。
●9月第2週の日経平均VIは、16.39で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、12.99でした。
●9月第3週の日経平均VIは、16.45で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、12.34でした。
●9月第4週の日経平均VIは、16.50で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、12.41でした。
9月の平均の日経平均VIは、16.40で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、12.91で、その差は、3.49でした。

●10月第1週の日経平均VIは、17.55で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、12.94でした。
●10月第2週の日経平均VIは、22.35で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、20.14でした。
●10月第3週の日経平均VIは、23.55で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、19.25でした。
●10月第4週の日経平均VIは、26.09で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、22.79でした。
●10月第5週の日経平均VIは、26.50で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、21.63でした。
10月の平均の日経平均VIは、23.02で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、19.34で、その差は、3.68でした。

●11月第1週の日経平均VIは、24.35で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、18.06でした。
●11月第2週の日経平均VIは、21.89で、VIX恐怖指数(アメリカ)は、19.97でした。

尚、今日21日の日経VIは、21.21 で、VIX恐怖指数(アメリカ)20日は、22.48でした。

恐怖指数(VIX 日経VI VSTOXX) 日経平均比較チャート

stockvoice動画一覧 – YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)