リーマンショック時の恐怖指数(VIX指数)は89で、コロナショックでは、62まで上昇 ワールドビジネスサテライト

2020年3月10日のワールドビジネスサテライトで、大和総研チーフエコノミスト・熊谷亮丸さんが、下記の内容について話されていました。 

恐怖指数(VIX指数)は、アメリカの株式市場で、参加者がどれだけ不安感や恐怖を感じているかを表す指標で、20を超えてくると、恐怖心がかなり高まっていると言う事を表します。

今回のコロナショックでは、まだ根本的な問題が解決されていない状況ですが、3月9日時点では、恐怖指数(VIX指数)は、62まで上昇していて、過去に一番高かったのが、リーマンショックの89だったので、リーマンショックに次ぐ位の恐怖心が強い状況となっています。

このVIX指数には、先物と言うものがあり、そのデータを見てみると、少し前までは、コロナショックは、春頃までには落ち着くと、市場は見ていた様ですが、今は、9月位までは問題が長引くと言うふうに考えている様です。

このVIX指数がある程度落ち着いて、コロナウィルスによる感染症の問題がある程度治まってこないと、マーケットが落ち着くとは考えられない様で、しばらくは上下の変動が続くと考えられるとの事です。

尚、アメリカの恐怖指数(VIX指数)は、3月16日には、82.69まで上昇しました。

恐怖指数(VIX 日経VI VSTOXX) 日経平均比較チャート

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)