トランプラリーで上昇が大きかった業種 日経モーニングプラス

2017年3月23日の日経モーニングプラスで、日経QUICKニュース記者の中山桂一さんが、下記の内容について話されてました。

トランプラリーでは、どの業種も上昇していましたが、2016年11月9日を起点に、33業種で、どの様な業種が大きく上昇していたのかを見ると、景気敏感業種や、金利敏感業種の多くが上昇していたそうですが、トランプラリーになる前から、世界の業績は、改善傾向にあったので、トランプ相場で、それが、加速したとの事です。

●トランプラリーで上昇が大きかった業種
1位 海運業 41.2%
2位 石油石炭製品 39.3%
3位 証券商品先物 38.0%
4位 保険業 32.4%
5位 ガラス土石製品 28.3%

●トランプラリーで上昇が鈍かった業種
1位 電気ガス業 7.3%
2位 不動産業 7.7%
3位 食料品 8.4%
4位 小売業 8.9%
5位 医薬品  10.8%

トランプラリーで上昇が鈍かった業種は、内需、ディフェンシブセクターで、底堅い業種が上がっていなかった様です。このまま、株価の調整が続くと、トランプ相場で上昇が鈍かった業種に、買いの物色が強まる可能性があるそうです。

日経モーニングプラス|BSテレ東

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)