アメリカ長期金利安定の要因は? 日経プラス10

2018年11月22日の「日経プラス10」で、大和総研経済調査部エコノミストの小林俊介さんが、下記の内容について話されていました。

今年1年間で、アメリカ長期金利は、かなり上がってきていて、この事が、グローバルな株式相場に混乱をもたらしているそうで、このアメリカ長期金利の上昇は、今後は落ち着いて来る様です。

足元で、アメリカ長期金利が落ち着いてきている要因の一つとしては、パウエルFRB議長や、FRBの高官の方々が、2019年の利上げを躊躇する様な発言が出てきている事もある様ですが、もう一つは、需給関係にある様です。

国債の供給が増えて、且つ需要が減ると、国債の価格が下がり、金利が上昇しますが、過去1年間は、この様な事が起こっていたそうです。

国債の供給額から、FRBが購入する需要を差し引いたのが、足元はかなり上昇していて、その結果として、アメリカ長期金利が、かなり上昇していました。

しかし、来年は、減税法案がなさそうなので、赤字国債の発行が抑えられる事で、国債の供給額が抑えられて、FRBの月額の資産圧縮ペースが、今年はかなり加速してきた様ですが、下記の様に、来年からは横ばいになてくるので、そろそろピークが見えてくる様で、金利の上昇が落ちつくと、予想しているそうです。

そして、今年の様に、アメリカ長期金利の上昇が、マーケットに悪影響を及ぼす可能性が減ってくるので、日本株にとっては、好材料となってくるとの事です。

■FRBの月額の資産圧縮ペース
●2017年10月から12月は、総額100億ドルで、米国債60億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)40億ドル
●2018年1月から3月は、総額200億ドルで、米国債120億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)80億ドル
●2018年4月から6月は、総額300億ドルで、米国債180億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)120億ドル
●2018年7月から9月は、総額400億ドルで、米国債240億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)160億ドル
●2018年10月から12月は、総額500億ドルで、米国債300億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)200億ドル
●2018年1月からは、総額500億ドルで、米国債300億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)200億ドル

日経プラス10 | BSジャパン

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)