アナリストによる今期予想純利益の上昇修正ランキング 日経モーニングプラス

2016年12月2日の日経モーニングプラスで、日経QUICKニュースデスクの露口一郎さんが下記の内容について話されていました。

QUICKコンセンサスというものがあり、これは、アナリストの予想の平均値を出しているもので、8月末時点の予想と、11月末時点の予想を比較して、8月末時点の予想より、11月末時点の予想が、どれだけ上振れ(増加率)しているかを表していて、つまり、任天堂の場合は、8月末時点の予想を100%とした場合、11月末時点の予想は、148.8%と言う意味だそうです。

ゲーム系の銘柄が多くなっていますが、任天堂は、足元の円安であるとか、ポケモンGOの効果があり、セガサミーHDは、パチンコ、パチスロ事業の改善があるそうで、グリー及び、野村HDは、リストラの効果が出てきているそうで、三菱ケミカルHDは、アジアの市況の改善を評価しているとの事です。

三菱商事の上昇は、足元で資源価格が上昇しているのが理由の様で、アドバンテストは、スマホ向けの半導体事業が好調で、製造装置の方も伸びてきている様です。

既に株価が上昇している銘柄が多いと思いますが、更に上昇する銘柄もあるかもしれないとの事でした。

1位 任天堂  48.8%
2位 セガサミーHD 48.4%
3位 グリー  43.6%
4位 スズキ  32.9%
5位 三菱ケミカルHD 27.6%
6位 三菱商事  26.1%
7位 アドバンテスト 25.3%
8位 野村HD  25.0%
9位 LIXIL  21.8%
10位 エーザイ  17.8%

日経モーニングプラス|BSテレ東

    



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)