りそな銀行の元本95%保証の投資信託 ”みつぼしフライト” ワールドビジネスサテライト

2019年7月16日のワールドビジネスサテライトで、「りそな銀行の元本95%保証の投資信託 ”みつぼしフライト”」の話題がありました。 

りそな銀行は、7月16日に安定志向の強い顧客に向けて、元本95%保証の投資信託を販売を開始しました。

”みつぼしフライト”は、どれだけ株価が下がったとしても、95%のラインで必ず元本を戻す仕組みで、運用により収益が変動する投資信託で、国内銀行が元本の一定割合の保証をするのは初めてで、ローリスク・ローリターンの仕組みの様です。

運用期間は10年の設定で、日本を含む世界の債権、株式、REIT(不動産投資信託)などに分散投資し、市場動向に合わせて、資産配分を変更することで、安定した収益を目指すとの事です。

ただし、投資信託を運用してもらう手数料とは別に、元本を95%保証する為の保証料0.216%を顧客が負担する必要があります。

りそな銀行コンシューマービジネス部の浦田紘介さんの話では、目標リターンは、年2%台前半としていて、人生100年時代ですので、70代でも10年20年と、運用期間がありますし、若い方にも、最初の第一歩を踏み出す為の商品として、使ってほしいとの事です。

元本95%保証の投資信託”みつぼしフライト”について、ニッセイ基礎研究所主任研究員の久我尚子さんによると、安全性の高い商品の場合は、シニア層が好む事が多いそうですが、収入に厳しい状況がある今の30~40代にもニーズがある様です。

大学、大学院卒業の男性の正規雇用者の賃金の変化を10年前と比較すると、30~40代で収入が伸びなくなっていて、この時期は、子供の教育費や、家の購入など出費がかさむ時期で、しかも、今は低金利で、住宅ローンも組みやすくなっているので、この年代の負債が増えている様です。

つまり、収入が減り、負債が増えていて、更に最近は年金2,000万円不足と言うニュースもあったので、資産形成の意識が高くなっているのですが、なかなか回すお金がなく、安全を重視したいと言う方々も多いので、この様な方々に、ニーズがある商品だそうです。

みつぼしフライト|りそなアセットマネジメント

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)