まだ、日経平均の下げ止まり感が出ていない

9月29日の東京マーケットワイドで、マーケットアナリストの荒野 浩さんが言っていたのが、

1.商いが膨らんでいないので、下げ止まり感が出ていない。
2.アベノミクスが始まって以来の長い調整になっている。
3.円高、中国株安などがおきると、下げの圧力が強まる。
4.8月までは、空売り比率が40%を超えた日は一日もないが、9月は、12日ある。
5.空売り比率が40%超えても株価が下がらない日が、3日位続かないと、売り方の売りは止まらない。
6.最近は、一番影響が大きいは、ドル円で、その次が米株、そして中国株の順である。
7.日経平均は、16500円位になる可能性もある。
8.現在の1年移動平均が18,602円で、通常この1年移動平均を瞬間下回る事があっても、長く下回る事は通常ないが、
  今回は一ヵ月位下回っている。
9.一発逆転の予想外の政策が無い限り、日経平均株価が上昇相場に転じる事は考えにくい。

空売り集計 | 日本取引所グループ
東京マーケットワイド荒野浩さんの動画 ? YouTube
TOKYO MX * 東京マーケットワイド
stockvoice動画一覧 – YouTube



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)